2013年02月28日

飛び回れMy Heart〜内地から南洋群島へ

081.JPG080.JPG082.JPG079.JPG

(T)表定豫期定間島群洋南地内
社會式株船郵本日
月三年九和昭至一月九年八和昭自

どうぞ右から読んでください。
すると意味がわかります。
昭和八年九月から昭和九年三月までの
内地(日本国内)と南洋群島の間を結ぶ
日本郵船定期路線の時刻表です。

たとえば、
九月五日神戸發の東廻り「丸江近」(近江丸)ならば
門司に寄って、横濱に寄って、サイパンに寄って、トラックに寄って
ポナペに着くのが廿四日。
翌日の廿五日にポナペを出た船は、クサイに寄って、ようやっと
九月廿九日に最終目的地のヤルートに到着します。
神戸からヤルートまでは25日間の航海ということになります。

丸江近(近江丸)はそのままヤルートに滞留し、再び元来た航路をたどって神戸へと帰ります。潮の流れのせいでしょうか、帰りは行きよりも短く20日で帰り着きます。

西廻りならば、航路は、神戸〜門司〜横浜〜サイパン〜テニアン〜ヤップ〜パラオです。航海日数は17日です。9月から翌年3月までの7か月の間に出航する9本の西廻り船のうち、6本はダバオにも寄りますし、5本はメナードに、3本はアンガウルにも寄ります。もちろんその場合には航海日数も長くなります。「西廻線山城丸ハリンジ『ソンソル』及『ゴロンタロ』ニ寄港スルコトアルベシ」と欄外に書いてありますから、時にはさらに長丁場になったのでしょう。

昭和8年と言えば1933年、第一次世界大戦も終わって15年たった頃です。当時、近江丸や山城丸が行き来していた南洋の島々は日本の統治下にありました。パラオ島には開発のための南洋庁が置かれ、最盛時には1万人以上の日本人が住んでいたと言います。

主な島々に設置された学校では日本語による教育が施されました。私が父と慕っていたポナペ島のセピオさんも、地酒のシャカオで上機嫌になると、「あの時代はよかった。日本の学校でたくさん勉強させてもらった。」と言うのが口癖でした。実際、とてもきれいな日本語を話す人でした。「私の中には大和魂がありますから。」というのもセピオ父の口癖でした。

私が好きな彫刻家に、「土方久功」という人がいます。1900年に生まれ、35年前に亡くなりましたが、彫刻家の域を飛び出して、詩人としても民族誌家としても素晴らしい方です。

1929年3月7日、土方久功は「山城丸」で横浜を発ち、パラオへと向かいます。パラオ島のコロールに着いた土方は南洋庁の嘱託に雇用され、島内各地の学校で2〜3か月ずつ生徒に彫刻を教えることになりました。けれども、文明の波に浴されていくパラオに馴染めずに、まるでゴーギャンのように、僻地へ、僻地へと移り住んでいくのです。再びパラオに戻ったのは、サタワルという離島で7年を過ごした後でした。

娘たちが小さかった頃から、私たち家族は随分といろいろな冒険をしてきました。日本郵船の定期予定表に載っている南洋の島々にはおおかた行きました。ある時は、小さな島から島へと食物や雑貨や薬を運ぶ貨物船の甲板で、島の人たちや、豚や鶏などと一緒に何日も航海をしました。寄港した島の民家で水を借りて顔を洗い、日がな一日、水平線と島影だけを見、時には釣りをしたり、船酔いに苦しんだりしながら、「おそろしく退屈な日々」を過ごしました。

なんという贅沢な退屈だったでしょうか。あんな退屈は後にも先にもありません。

今では飛行機の飛ぶ島も多くなり、神戸からヤルートまでなら乗り継ぎさえうまく行けば一日で行けるかもしれません。退屈をする暇もないでしょう。

でも、今、ここに、「パソコン片手に一っ跳び」、「おそろしく退屈な航海」、という二つの選択肢があったなら、まず迷うことなく選ぶのは、「おそろしく退屈な航海」の方でしょう。甲板で日に焼けたって気にやしません。水平線と島影と、時々飛び跳ねる魚たちにしか会えなくたってかまいやしません。「浪漫飛行」流に鼻歌など歌うとすれば

何もかもが 知らないうちに
形を変えてしまう前に
   ・
   ・
トランク1つだけで 浪漫航海へ On the Sea
飛び回れ このMy Heart

By 池澤ショーエンバウム直美

――――――――――――
グローバルキッチンメニュー
http://blog.goo.ne.jp/naomiwakuwaku 
2月27日(水):白苺との初めての出会い

posted by 池澤ショーエンバウム直美 at 07:21| Comment(0) | マイドリーム

2012年08月25日

パティオのある暮らし


橋を渡って行った先には、大西洋が開けていました。

まるでコニーアイランドのポスターのように色とりどりのパラソルの花が咲き、陽気な笑い声と太陽の下の伸びやかな肢体がよく似合い、若者たちがハンバーガーショップに列をなすビーチもあれば、
020 - コピー.JPG023 - コピー.JPG022 - コピー.JPG

長いボードウォークを歩いた先に待っているひっそりとしたビーチもありました。
059 - コピー.JPG060 - コピー.JPG062 - コピー.JPG063 - コピー.JPG061 - コピー.JPG

そのコントラストは、「もう私が属することはできない世界」と、「属したい世界」という比喩で言い換えられるかもしれません。

招かれ訪れた友人たちの家には、どこも椅子の置かれたバルコニーがあり、パティオがありました。けれども、買い物に行くには車が必要です。東京やワシントンの家のように、ふらりと歩いて夕飯の買い出しに行くことはできません。

彼らのほとんどは、リタイアを機にあえて都市型生活から遠ざかったか、あるいは2つの生活を行き来している人たちです。加えていえば、社会の中での立ち位置もしっかりと都市型生活を謳歌していた人たちです。それなのに、まず異口同音に言うのです。

「ちっとも不便だなんて思わない。今の僕たちには洒落たショッピングモールを歩くことよりも、森や海岸を歩くことの方が楽しいんだ。何が楽しいかなんて年と共に変わっていくものさ。あるいは、心の底にずっと眠らせておいたことを目覚めさせる我儘が許される時期になった、ということなのかもしれないけれどね。」

朝のコーヒーと、軽いランチはパティオに出て
昼にはバルコニーで本を読み
遅い午後には静かなビーチでただ海を見て
夕方には森を歩き
夜には星空の下、ワインを飲みながら
愛する人たちの声を聞いて

こんな風に、いつも外の空気と一緒に暮らせたら
そして、こんな窓から見えるのが
ただ海だったなら
055 - コピー.JPG

目覚めさせる必要のないぐらいに
もうずっと目覚めている
なのに、いつ許されるかもわからぬ私の我儘です。

早起きして一仕事を終えました。
これからポトマック川まで行こうと思います。
海に繋がる大きな川と、心地よい風と光と本
たぶんよく冷えた一杯のビール
だいぶ小ぶりな我儘ですけれど、

行ってきます!

113 - コピー.JPG073 - コピー.JPG075 - コピー.JPG104 - コピー.JPG
                         By 池澤ショーエンバウム直美

――――――――
グローバルキッチンメニュー
http://blog.goo.ne.jp/naomiwakuwaku 
8月24日(金): 12マイナス3は?〜カナディアンなデビルエッグ

posted by 池澤ショーエンバウム直美 at 01:13| Comment(0) | マイドリーム

2012年06月05日

昨日の続き〜バケットリストはまさかのトロブリアンド

コピー 〜 048.JPGコピー 〜 043.JPG

6月最初の土曜日の、ようやく日の落ち始めた庭に涼風がわたる中、いったい何が起きたというのでしょう。

その時、たまたま私がいたのは5人ばかりの小さな輪の中。ええ、男も女も入り混じっています。年齢は私よりも若干上ぐらいでしょうか。誰がどうしてそんなことを言い出したのかは思い出せないのですが、気づいたら、みなで「バケットリスト」の話に夢中になっていたのです。

「Bucket List」の意味がわからずキョトンとしている私に、他の4人が口々に説明をしてくれます。結局それは一言で言えば、「死ぬ前にやりたいこと」。Bucketとはもちろんバケツのことですけれど、「kick the bucket=バケツを蹴る」と言えば、死ぬことを意味するということも教えてもらいました。

「ほらほら『Bucket List』という題の映画があったじゃない、ジャック・ニコルソンとほらほら誰だったかしら、、、ええと、ねえ誰か思い出せない?」

こんなところは、日本であろうがアメリカであろうが、我々の年代が集まればいずこも同じです。ええと、ええと、ほら、ほら、う〜んもう、ここまで出てきてるんだけれど、あの余命6ヶ月を宣告された2人の男性の話、、、、」

そこで私が手を挙げました。「はい、モルガン・フリーマン?」

答は大当たり。バケットリストを知らなかった私の株が、少しばかり上がりました(笑)。邦題は「最高の人生の見つけ方」でした。

さて本題に戻りましょう。私たちはそれぞれに「What is your bucket list?」という難問に答えることになりました。「考えておきます。」などという猶予は与えられません。順番が来たらすぐに答えなければなりません。

一人目はビル。
「リンゴの木を植えたんだ。あれに実がなるのを見たい。梨と桃も植えて果樹園にしたい。」

二人目はスーザン。
「外交官時代に中国赴任を打診をされて、子どもがまだ小さかったものだから断ってしまったの。やっぱり中国に行きたい。」

三人目はデニス。
「オートバイに乗ってアメリカ中を走り回りたい。『モーターサイクルダイアリーズ』みたいにね。」

そしてまわってきた私の番。とっさに、本当にとっさに口をついて出たのが、
「トロブリアンド諸島に行きたい。クラの儀式に立ち会いたいんです。」などという、かなりマニアックな、奇想天外な言葉でした。まずもって、「モーターサイクルダイアリーズ」がどんな映画かを知っている人がいたとしても、トロブリアンドがどこにあって、クラの儀式が何なのかについてなぞ、いったい誰が知るでしょう。

すると突然あわて出した5番目のロジャーが、

「あ、あ、ありえない! それは僕のバケットリストと同じじゃないか! マリノフスキーを読んでからずっとそう思っていたんだ。」

これには私もあわてました。夫にも言ったことのない私の心の奥に眠っていたバケットリストが、これまた誰にも言ったことがないというロジャーのバケットリストと一緒だったのですから。しかも、私たちは文化人類学者でもありませんし、たまたまその場に居合わせた20人のうちの5人にすぎません。その5人が何となく立ち話を始めて、何となくバケットリストの話になっただけなのですから。

たぶん宿題として時間を与えられていたならば、全然別の答になっただろうと思います。
きっとロジャーも同じです。そうではなかったからこそ引き出された、自分でも気づかぬ願いが、まさかトロブリアンドだったとは!!!

皆様のバケットリストは何ですか?
考えてはだめ、すぐにお答えくださいね。

By 池澤ショーエンバウム直美



―――――――――――――
本日のグローバルキッチン http://blog.goo.ne.jp/naomiwakuwaku 
6月4日(月):ポットラックパーティーには何を?
       

posted by 池澤ショーエンバウム直美 at 08:20| Comment(0) | マイドリーム