2013年02月12日

増える記念日

RIMG10475-9ffbc-thumbnail2.jpgRIMG10514-e0159-thumbnail2.jpgRIMG10516-db0a1-thumbnail2.jpg

立春が春めいた空気を連れてきてくれたと喜んでいたら、三連休明けの今日は、また冬に逆戻りしてしまったような肌寒さです。おまけに雨まで降り出しそう。寒さが苦手の私は、今頃はハワイにいたかも知れないのに、などと、変更になってしまった予定に未練を残しながら、コートにマフラーをしっかり巻いて冷気の中に飛び出します。

「マウイ島の西、ラハイナ・キャナリー・モールの波打ち際に続く芝生の上で、毎晩開催されているのがオールド・ラハイナ・ルアウです。ルアウとは、本来は宴会という意味。」

こんなことを以前書いたことがありました。
水平線をオレンジ色に染めた太陽が姿を沈ませ、松明の灯りと共に始まった「宴会」がたけなわになった頃、MC役の美しい女(ひと)が言いました。

「この中にお誕生日の方はいますか?」
「この中に結婚記念日の方はいますか?」
「この中に記念日の方はいますか?幸せな記念日ならどんな記念日でもかまいません。」

記念日コールに促されて次々に立ち上がった人たちが、「さあ、今日の特別な日を祝って踊ってください。」という言葉を受けて、砂の上で踊り始めました。

皓皓と照る月と松明の揺らぎ、頬をなでる風、規則的な波音によく合う椰子の葉擦れの音、、、、その場に居合わせただけでも、それは記念日でした。問いかけは続きます。

「お誕生日や記念日の人たちに『おめでとう!』を言いたい人はいますか?」

それまで座っていた人たちが、一人、また一人と立ち上がります。見回せば、誰かの記念日に居合わせた全員が立ち上がって、記念日がまた新しい記念日を創って広がっていきました。

2月には記念日がたくさんあります。
出会い記念日も、結婚記念日も、バレンタインも、お引越し記念日も、尊敬する方や幼馴染のお誕生日も、、、、失敗記念日や反省記念日だって(笑)。

2月ばかりではありません。考えてみれば、来月だって再来月だって記念日がいっぱいです。マウイの宴会のように、誰かの記念日を祝うことだって記念日なのですから。

つい先日の記念日に、出会えたことを感謝したくて、こんな言葉を贈りました。

Thank you for finding me among7billion people in the world.
I love you just the way you are.

記念日の嬉しいところは、年と共にどんどんと増えていくことです。

By 池澤ショーエンバウム直美


――――――――――――
グローバルキッチンメニュー
http://blog.goo.ne.jp/naomiwakuwaku 
2月11日(月): これっくらいのおべんとばこに〜久しぶりのお弁当作り
posted by 池澤ショーエンバウム直美 at 15:01| Comment(0) | エイジング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。