2012年12月01日

Short Short Spain 3

賑やかな明るい大通り
向こう側の建物が映り込むLOEWEのウィンドーはバルセロナ

人けのない道で
暗闇だけを映すLOEWEのウィンドーはバレンシア
022.JPG083 - コピー.JPG

By 池澤ショーエンバウム直美
posted by 池澤ショーエンバウム直美 at 15:59| Comment(4) | スペインライフ
この記事へのコメント
初めまして。
いつも楽しく拝読しています。今スペインにいらっしゃるということで、ついコメントしたくなってしまいました。
私は今、madridに住んでおります。
もう、madridにはご滞在なさったようなので、またお越しいただく予定があるか分かりませんが、もしmadridのloeweにいらっしゃるなら、私はserranoの女性店で働いているので、是非是非、お越しください。
本当に長い間のファンなので身近なものの記事につい盛り上がってしまい、失礼しました。
Posted by naomi tsujimoto at 2012年12月02日 04:49
同じ時間帯にいるnaomiさんからのコメントを嬉しく頂戴いたしました。Madridにお住みなのですね。ぞんじあげていれば絶対にSerranoのお店におうかがいしたのに、と残念でたまりません。私たちはバレンシアの後、次は車を借りてグラナダへと移ります。その後、また車で延々マドリッド空港へと向かいますが、この時は空港にステイするだけで町へ出る時間はないのです。でも、また必ず来たい所ですので、その時はまっさきに駆けつけちゃいますからね(笑)。きちんとした覚悟もつけられないまま揺ら揺らと根なし草のような暮らしを送っている私にとって、いつかnaomiさんのお話をおかがいする機会があれば、とても嬉しく思います。マドリッドも私たちが発った後、寒さが厳しくなったようですね。どうぞお健やかにお過ごしくださいますよう。ご連絡をありがとうございました。
Posted by naomi様 at 2012年12月02日 16:49
全く予想していなかったところ、お返事頂き、凄く嬉しいです。舞い上がってしまいました。ご旅行中お忙しいのに、本当にどうもありがとうございます。
毎日のように、こちらのブログと、料理冒険家のページを楽しみに読ませていただいています。美しい日本語と、繊細な感受性と、旺盛な好奇心と、前向きな姿勢と…が大好きで、直美さんは私の憧れの女性です。
スペイン編では、いつも見慣れた風景が、直美さんを通して、宝物みたいな情景になって、どきどきします。
これからも直美さんの記事を楽しみにしています。ご健康とご活躍をお祈りいたします。本当にありがとうございました。
Posted by naomi tsujimoto at 2012年12月04日 10:21
身に余るお褒めの言葉をいただき、嬉しくも、もじもじと赤面しております。ただいま、恒例の(笑)、朝のアルハンブラ宮殿歩きを終えて、敷地内にあるパラドールに戻り、お部屋でお茶を飲みながら休憩をしています。もう少ししましたらグラナダ大学の先生方とのランチタイムのために町へ下ります。だんだんとスペイン風時間の過ごし方が身についてまいりました。そして困ったことにそれがだんだんと心地よくなってきました。まだまだ書き残したことがたくさんありますし、これからも書きたいことがどんどんと積もっていくだろうと思います。naomiさんからご覧になったら、「素人のたわごと」のようなものもたくさんあるかと思います。それを思うと気恥ずかしいのですが、感じたままを綴ってまいります。今後ともどうぞよろしくお願い致します。嬉しいお返事をこちらこそ本当にありがとうございました。
Posted by naomi様へ at 2012年12月05日 20:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。